大西メディカルクリニック

整形外科

腰椎圧迫骨折
肋骨3D画像

外傷・骨折・骨粗鬆症や日常的に起こる身体の痛み・しびれ・首の痛み肩こり・腰痛・膝の痛みなどの診療を行っております。 施術・リハビリ施設も充実していますので、心地よく治療を受けていただけます。

ページの上部へ

リハビリテーション科

広大なリハビリスペースには20種類以上もの物療機器を設置し、症状緩和に努めています。

フロア図

ページの上部へ

リウマチ科

リウマチではないかと心配されている方・不安のある方は血液検査等で早期に診断することが可能です。

ページの上部へ

内科・消化器内科

一般内科に加え、内視鏡検査を積極的に行い、胃カメラでは、経鼻内視鏡を導入しており、大腸カメラでも、コロナビ(内視鏡挿入形状観察装置UPD)を導入し、鎮痛剤・鎮静剤を組み合わせて使用することで、出来る限り苦痛の少なく安全な内視鏡検査を心がけております。 光学的な画像強調技術であるNBI(挟帯減光観察)を用いて食道・胃・大腸の早期がんの診断に役立てています。 消化器系の検査として、64列CT(単純・造影)超音波検査・MRCPなどの診断機器をそろえ、診断精度向上に努めています。

胃カメラ

食道・胃・十二指腸の病気(炎症・潰瘍・ポリープ・癌・静脈瘤)を見つけ適切な治療を考えるために検査を行います。

<検査の流れ>

ご予約
ご来院の上、お申し込み下さい。
検査
当院では、経鼻内視鏡を導入しているので、鼻からカメラを挿入します。まず、胃の中を見やすくするシロップを飲んでから、鼻を麻酔薬(ゼリー・スプレー)で麻酔します。その後左側を下にして寝ていただき、内視鏡を鼻から挿入して胃の中を観察します。必要に応じて小さい組織を採取して、検査を依頼します。 (ご希望があれば軽い静脈麻酔薬を使用し検査を受けることもできます)
診察
胃カメラの結果の説明があります。組織を採取した場合は結果が出るのに1週間程かかります。

大腸カメラ

大腸(肛門から盲腸)の病気(炎症・潰瘍・ポリープ・癌など)を見つけ適切な治療を考えるために検査を行います。

<検査の流れ>

ご予約
ご来院の上、お申し込み下さい。
検査
前日の夜と当日の朝に下剤を飲み、腸の中をきれいにして検査します。内視鏡を肛門から挿入して、盲腸まで進めます。検査中にお腹が張ったり多少の痛みを感じたりすることがあります。当院では、軽い静脈麻酔(鎮痛剤)を使用し、出来る限り苦痛の少ない安全な内視鏡検査を心がけております。 必要に応じて小さい組織を採取して、検査を依頼します。
診察
大腸カメラの結果の説明があります。組織を採取した場合は結果が出るのに1週間程かかります。

ページの上部へ

禁煙外来

禁煙したいと思っている方をサポートします。詳しくはお問い合わせ下さい。

ページの上部へ

その他検査

<骨密度(DEXA)>
腰椎や大腿骨の骨密度を計測し骨粗鬆症などを調べます。
<超音波(エコー)>
検査用ゼリーを付け、観察部位にプローブ(超音波を出す機器)を当てるだけで臓器の形や大きさ・血管や血流状態などを観察します。
<パックス(pacs)>
画像をネットワークで運用する最新システムを導入しています。

大西メディカルクリニック

〒675-1115
兵庫県加古郡稲美町国岡2-9-1

TEL 079(492)0935
FAX 079(492)8558

加古川バイパス明石西ランプより約8分、加古川東ランプより約10分

無料駐車場150台を併設。

アクセス方法はこちら